気象病と自律神経の乱れ

①季節の変わり目

季節の変わり目などは「自律神経の乱れ」に注意が必要です。

自律神経は呼吸器、循環器、消化器などの活動を調整するために24時間働き続けている神経です。

交感神経」と「副交感神経」のバランスをそこなう事(自律神経の乱れ)で身体にいろいろな不調が出てくるのですが、それと同様にこの時期に気をつけて頂きたいのが「気象病」であります。

②気象病

天気の変化によって体調不良になる方いませんか??(私はそのタイプです
それは「気象病」かもしれません。

気圧や気温の変化によって、古傷であったり、持病が悪化する事がありませんか??

私自身は「曇りの日」や「雨の降る前」や「台風がやってくる前」に「偏頭痛や手術した場所(古傷)の痛みや身体のだるさ」などの症状が出ます。

これは、天気の変化によって身体に不調がでる「気象病」が原因だといわれました。

気象病」による不調の症状は、たくさんあるようです。

頭痛、関節痛、腰痛、肩こり、首こり、めまい、ふらつき、のぼせ、血圧上昇など(他にもたくさん)

気象病」は、記事前文で書きました「自律神経の乱れ」が原因とも病院でいわれました。

確かに、いわれてみれば「自律神経失調症」の症状は「気象病」とほとんど一緒ですからね。

気圧や気温の変化によって「交感神経」と「副交感神経」のバランスをそこなう…

天気の変化が、身体にストレスや不安を与えてしまっているという事でもあります。

天気予報で「雨が降る」「気圧が低くなる」など、事前チェックしておくことが大切だという事です。

③対処法

気象病」の対処法は「自律神経の乱れ」が起きにくい身体になることだと個人的には思います。

当たり前ですが、天気をコントロールすることは誰にも出来ませんからね(笑)

そうなると、自分自身で「強い身体」「それに耐えれる対処法」を見つけるしかないですよね。

自律神経の乱れ」が原因とされる「気象病」なので「自律神経」が乱れないように生活をする。

規則正しい生活をして、ストレスを発散して、リラックスをする時間をつくる。
適度な運動をしてリフレッシュも必要。
そして、しっかり休息をとることも大切ですよ。