疑惑の判定続く。ビデオ判定は正確性あるが…

ここ最近スポーツで話題になること…
疑惑の判定」です。

誰でも間違いや勘違いはある。
だから仕方ないということもあるが…
スポーツにおいては…
その判定で「流れが変わる」ことがある。

そのため仕方ないで終わることが出来ない。

☆先日のサッカーJリーグの大誤審☆

浦和VS湘南の試合で起きたノーゴール判定
もうこれは「100%誤審」ですよね。
ビデオ観れば一目瞭然。

ゴールネット付近に置かれていたペットボトルによりボールが跳ね返る。
主審の立ち位置から見えにくかった。
そんな状況はあるにしろ、残念すぎる判定でしたね。

まぁ、無理なことだと思うが…
試合再開後に浦和が何もせずに得点していた選手が浦和ゴールに蹴り込む
こういうことがあればどうなってたかな??

 

☆大相撲13日目の誤審☆

大関復帰を目指す「栃ノ心」と優勝争いトップ「朝乃山」の一番。
取り組みが終わり「栃ノ心の勝ち」となり大関復帰おめでとう
そのはずが…
物言いがつき行司差し違え」で「朝乃山」の勝ちとなる。
大関復帰だけでなく、優勝争いからも後退。
なんとも残念すぎる結末に!!

映像リプレイを何回みても足残ってるようにみえる。
俵の砂が足の裏についたという土俵下審判の判断。
ビデオで確認すると砂がついているのは見えない。
だが、現場の目を大事にしようということらしい。
審判団全員一致の意見だったらしいが、どうなのか??

ビデオみて判断ついたなら6分間も協議いらなかったのでは。
これも個人的には誤審だと思ってます。

大相撲に関しては…
物言いついたあとの「説明」をもう少しちゃんとしてほしい
そう思っている人はたくさんいるはず。

☆全てをビデオで判断すると☆

誤審があると「ビデオ導入しないと選手がかわいそう
そういう意見が多くでる。

これは確かにそうだが、全てをビデオ判断にすると…
審判が必要なくなる時代がやってくる。

そして、もう一つ…
試合の流れをとめる時代にもなっている。
野球・バレーボール・テニス・バドミントン」などで、
リクエストやチャレンジなどが導入されています。

回数が決まっているが、成功すれば減らない。
きわどい判定のたびに試合が止まるという流れ。

バレーボールの話をすると…
タイムアウト後」のサーブは失敗率が高い
これはバレーボールあるあるです。

これと同じようなことを狙ってチャレンジをすることもある。
試合終盤に相手が得点するとチャレンジ利用して時間を使う。
相手の得点と解かるような状況時に…
流れを止めるという作戦ですね。

ただ、こんな使いかたされると観ているほうは「狙ってる
バレーボール経験者ならこれ解かりますよね。

だから…
何でもかんでもビデオ判定導入はどうかとなる。

実際やっている選手は「ビデオ判定」があったほうが良いのか??
審判を守るために「ビデオ判定」があったほうが良いのか??
観ている人は「ビデオ判定」があったほうが良いのか??

誤審があるたびに…
毎回のように取り上げられるが実際どうするのがベストだろうか!?

東京五輪で誤審問題が起きなければよいが…