損益分岐点…

会計や経理関係で出てくる用語は、どうしても難しくみえてしまいますよね??記事を読んでる最中に、わけが解からなくなることも…
出来る限りの、ゆる~い感じで書いてみます!!
内容が少し薄くなるかもしれませんがご了承ください…

①損益分岐点について

損益分岐点とは「売上と費用が一致する点」のことです。
利益も出ていなければ、損失も出ていない状態!!

売上は、商品やサービスを販売した金額です。
費用は(変動費固定費)の2種類あります。

変動費」とは、一定した費用ではないもの
固定費」とは、一定した費用のもの

(例)スマートフォンを利用している方が多くいるので…
変動費」→通話料金のこと(カケ放題プランがあるので、なかなかいないかな??
固定費」→基本料金のこと(カケ放題プランの基本料金やパケットの基本料金

ここで(例)を使い簡単に説明させて戴きます!!
費用も解かりやすい用語のみ
(例)私がケーキ屋さんをやってるとして…「私1人でお店をやってるケース

お店を継続させるには、ケーキを売らなければいけません
売れれば、これが売上です

ケーキを販売するには、作るのに必要な材料の仕入れが必要です
これは費用です
ケーキを作るには、光熱費がかかります(これも費用です
自分のお店でありますが給料は発生します(これも費用です

☆ケーキ1個・500円で販売☆
★ケーキ1個にかかる材料費200円★
★光熱費・毎月3万円★
★給料・毎月15万円★

さて、この上記のケースだと「損益分岐点」の売上は30万円となります…
☆1ヶ月・ケーキ600個の販売で30万円☆
★ケーキ600個を作る材料費12万円★
★光熱費&給料で18万円★
ケーキを600個販売出来れば「利益ゼロの状態です

この「売上-費用」で利益がゼロの時を「損益分岐点」といいます
ゆるーい感じ&ざっくりと簡単に説明するとこういうことです…
損益分岐点の売上をキープしていれば、なんとか現状維持出来ているということ」(ざっくり…

②経営について

自分のお店や会社を創りたいと考えたり、思っている方は多くいると思います
資金さえあれば、取り敢えずオープンすることは出来るでしょう…
ただ、有名人などがお店をオープンさせて経営が上手くいってるのはごく一部の方」のみです。
ほとんどの方は、経営が赤字のため、お店を閉めることになりましたです。

バラエティー番組などで「お店を閉めました」「お店がつぶれた」などと笑って話をしてます。
そもそも上記で説明した「損益分岐点」などもそうですが…
お金の流れを把握する知識がないと「お店」や「会社」を継続して経営するのは難しい
資金がなくても、経営に関する知識を持っている方は「お店」や「会社」を継続させる可能性は高い
もちろん人脈や事業内容などが「お店」「会社」の継続に関連はしますが…

個人的に思うことは…
有名人は、ある程度の知識をつけてお店を出した方が良い
これをよく思います!!

③資格取得について

今回は「損益分岐点」をタイトルにして記事を書いてきましたが…
今後、お店を出したり、会社を創りたいなどと考えている方は、最低限の知識がないと厳しい。
お金の流れを把握するには「簿記」の資格取得をオススメします!!
日商簿記2級が中小企業の経理レベルとされてますが…
合格率が低く資格取得が難しくなってきました。

そのため、お金の流れを把握するために日商簿記3級の取得を目指してほしいです。
2級は「商業簿記」&「工業簿記」とありますが、3級は「商業簿記」のみです。
簡単なお金の流れを把握、知識を得るには「商業簿記」のみで取り敢えずは大丈夫です。
合格率も40%は超えるぐらいあるので、資格取得の可能性も上がります。

簿記」以外にも「FP(ファイナンシャルプランナー」などはオススメです。
社会保険などの知識を身につけることは、今後の生活のプラスにもなるでしょう!!

◎資格取得についての記事はこちらでも確認どうぞ◎

④まとめ

今回は「損益分岐点」を簡単に説明資格取得についての記事を書きました。
経理や管理関係のお仕事をしている方じゃなくても…
販売や営業のお仕事をするうえでお金の流れを把握出来る知識があると良いですよ♪
計画性と知識があれば、多額の資金がなくても自分のお店を出せる事も出来るかもです
知識がなければ、どんなに資金があっても赤字になる可能性が高いと思います。