年商と年収の違いとは

テレビで普通に出てくる言葉ですが、意外と知らない人も多い。
年商」と「年収」を説明出来ますか??

①年商と年収について

テレビでお金に関するバラエティ番組があったりします。
そういう番組にゲストとして呼ばれる方がいます。
紹介される時は「年商○億円の社長」「年収○億円の社長」という感じで紹介されます。

出演者が驚く姿を何度も観てきていますが「年商」と「年収」では大きな違いがあります
リアクションを観ていると、番組を進行しているMCの方や出演者は解かっているのかなって思う事がたびたびあります。
視聴者も勘違い(誤解)されている方がいるのではないでしょうか??

そこで「年商」と「年収」について簡単に紹介させて頂きます。



②年商とは…

まず「年商」とは、給料ではない事を知ってほしいです。
一年のうちに会社や個人が売り上げた総額を意味する言葉が「年商」です。
つまり「年間売上高」という事なんです。いくら会社が儲けたかを表す数字でもありません。

例えばですが「年商10億円の社長」と紹介されれば凄いなと思う方がほとんどだと思います。
確かに、売上が10億円もあるのだから良い商品などを扱っている会社である可能性は高いです
しかし、一年のうちの費用(従業員に支払う給与や商品の仕入代金など)が「年間売上高」を上回っている可能性もあります。
そうなると「あ~、この会社大丈夫なのかな??」ってなりますよね。

テレビを観てて「年商10億円の社長」と紹介されれば、凄いお金持ちの方なんだと思っている方…
「年商」は社長の給料ではないですよ。給料は毎月20万円だよって可能性もありますからね。

テレビでは、番組を盛り上げるために「年商を細かく紹介する事はまずないでしょう。
そして「年商○億円の社長」で紹介された方に「年収」を聞くこともしません…
給料ではないから聞かないようにしているんですよ!!

 

③年収とは…

年収」とは、毎月の給料の「手取り額」ではなく、保険料や税金などを引かれる前の「総支給額」です。

こちらは「年商」と違い、その方がいくら貰っているかが大体わかります。
テレビの紹介で「年収○億円の社長」と紹介されれば凄く稼いでる方と思って大丈夫です。世の中には羨ましい限りの稼ぎをしている人がいますからね。
スポーツ選手なんかは推定年俸で紹介されてますからね

就職面接などで「前職ではいくらもらっていましたか」と聞かれる事もあります…
この時は「○万円」と答えるのではなく「年収○万円でした」や「手取りで○万円でした」と答えたほうが、印象的にもきっちりしている方だなと思われるかもしれません(細かくて几帳面な性格と思われる可能性もありますが

面接に関しては、何が正しいかは面接官の性格によるので何ともいえませんが…

 

④まとめ

今回は「年商」と「年収」について簡単に紹介させて戴きました。

結構勘違いしている方がいると思いますので、少しでも誰かのお役にたつ記事だと嬉しい限りです。
お金に関する事やお金の流れを知るには「簿記の資格」や「経理の資格」「ファイナンシャルプランナーの資格」などの資格取得をしてみると良いですよ!!