プロ野球…今シーズン勝負の選手たち「第2弾」

先日記事にしました「今シーズン勝負の選手たち第1弾」に続き…
2018年勝負の選手たち「第2弾」について…
第1弾」を記事にしたときに、予想以上にアクセス数があり…
正直びっくりでした。読んで下さった方々ありがとうございます。
少しでも、興味がある方がいれば、記事を作るも楽しくなります!!

若き虎のエース「藤浪晋太郎」(阪神

高校時代に甲子園優勝など、同級生の「大谷翔平」同様に注目を集めてのプロ入りとなりました。

ルーキーイヤーから期待通りの活躍を魅せつけ「若き虎のエース」として、さらに注目を集める選手へと成長しました。
順調にそのまま「若き虎の絶対的エース」として成長してくれるはず…
熱狂的な阪神ファンはそう思っていたはず。

阪神ファンでなくても、プロ野球ファンは「藤浪」は凄い投手になっていくぞと思っていた人が多くいたのでは??
しかし、ここ2年間近くは大スランプ状態になっています。

原因は、制球力の悪さから起きてしまった…
数年前の広島戦「投手・黒田」への内角へ抜けた投球…
この先に起きた騒動は書かないとして…
あの投球から「藤浪」がおかしくなったと思います。

打者に当ててしまうのでないかという恐怖心が投球に出る。
内角に投げれないため、投球が甘いところに…それを打たれる。
これが2年間ほど続いていました。
ただ、今シーズンは変わった感じになってきたようにも見えます。
今シーズン初登板戦では、降板イニング以外はまずまずだった。
そして、先日の交流戦では無失点という内容でした。

同級生の「大谷翔平」とは、差がついてしまった感じはありますが…
藤浪」には、まだまだ「開花していない能力」があると思います。
そこを引き出すことの出来る指導者がいれば良いのだが…
さて、阪神在籍のままで「開花していない能力」が開花するか??
あっと驚くトレードなどで、移籍先の球団で開花するか??
今シーズンの後半戦に向けて注目したい選手の一人であります。

ドラフト1番人気「大石達也」(西武

ハンカチ世代」のドラフト会議で1番人気だった投手
齋藤佑樹」ではなく「大石達也」でしたよね。
メディアは圧倒的な「人気」と「ルックス」で「齋藤」を追い続けましたが、プロのスカウトが1番注目したのは「大石」のほうでした。

プロ入り後の活躍はどうかというと…
シーズンを通して活躍したことはないのでは…
ドラフト競合の末、交渉権を獲得した「西武」だったが期待外れの状態
ドラフト前より怪我が不安視されていましたが、その影響なのか期待された「剛腕の抑え投手」として活躍することは出来ておりません。

大学の同級生である「齋藤」同様に、そろそろ結果を出さないと戦力外という可能性まで出てくるような状態かもしれませんね。

今シーズン好調な「西武」でありますが、絶対的な抑え投手はいません。
まだまだ年齢的にも投げれると思いますし、抑えのポジションを狙えるチーム事情ということなのでチャンスはあるでしょう。
ドラフト会議1番人気」が「守護神」として花を咲かせることが出来るか??

 

鯉のプリンス「堂林翔太」(広島

セリーグ連覇を果たしたが、その中心に「鯉のプリンス」はいなかった…
甲子園で脚光を浴び、その年のドラフト会議でカープに指名され入団。

守備力に問題はあったが打撃センスをかわれてスタメンで起用される状況が入団直後はありました。
あのまま我慢して起用してもらっていれば…今頃どんな選手になってたか…
逆方向に強い打球が打てる能力があるので個人的に好きな選手です。
現・巨人打撃コーチの二岡」と同じタイプとして見てました。
上記に書きました通り、守備力に問題がありエラーが多い。
そして、三振が多いというのが「鯉のプリンス」の欠点
しかし、そこを我慢して使い続ければ、打撃の成績はある程度残すはず。

入団直後は、当時の監督が我慢して使い続けてくれましたが、現在の「緒方監督」になっては、起用されることが減ってきました。
チームは連覇を果たしておりますが「堂林」にとっては、厳しいシーズンが続いている状況です。

広島」は、若い生え抜きの選手が次から次へと出現します。
育成能力に優れている球団であることの証です。
堂林」は「三塁・外野」が本来のポジション…
どちらも生え抜き選手でポジションが埋まっている状況。
持ち前の打撃センスを活かして、ポジション奪取を期待したい

奥さんである「マスパン」を笑顔にしてあげておくれ…(笑)

伸び悩んだ左腕「藤岡貴裕」(ロッテ

ドラフト時にかなり注目されていた選手でした。
キレの良い球を投げていたのでプロでもすぐに活躍すると思っていた。
二桁勝利は勿論ですが、当時のチームのエースだった「成瀬」のように安定して成績を残せる投手になると期待もしていました。
しかし、二桁勝利どころか1軍での先発登板もなくなっていく現状に…
完全に伸び悩んでしまった。
大学時代がピークだったのか…斎藤佑樹と一緒のように
年齢的にもまだまだ若い。
何かひとつのきっかけで大きく才能が開花することもあるでしょう。
ロッテの先発ローテは、安定しているわけではない。
チャンスはまだまだあると思う。
今シーズン後半戦などに「藤岡」が先発で活躍していれば、ロッテがAクラス争いを繰り広げている可能性が高いかもしれない。

 

WOWOW_新規申込

⑤プロ野球を楽しもう…

リーグ戦がまもなく再開されます。
オールスター前に各リーグ首位に君臨するのはどのチームになるか??
広島」&「西武」は、このままキープするか??
サッカーW杯が盛り上がっていますが、野球も楽しみましょう!!

プロ野球を楽しく観戦するために第1弾

プロ野球を楽しく観戦するために第2弾

今シーズン勝負をかける選手たち第1弾

今シーズンのセリーグ予想順位

今シーズンのパリーグ予想順位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です