プロ野球「現役ドラフト」について

この制度の実現は難しいはず…

メジャーで導入されているルールをプロ野球でも導入
これが増えてきているが…

①現役ドラフトとは…

★出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させる制度★

所属しているチームで出場機会がない。
他のチームで必要としているのであれば出場機会は増える。

実力の世界でこの制度が導入されるのはどうなのか…
所属しているチームでレギュラーを獲得出来るように頑張る。
それが優先なのではないのか…

ただ、ドラフト制度が今のままだと、これを言われてもしょうがない。
自分で入る球団選べないですからね…

スポンサーリンク


②これは良かったんだが…

★リプレー検証(リクエスト制度)
監督が審判の判定に異議がある場合に、
ビデオ映像によるリプレー検証を行う。

微妙な判定の際に、正確な結果を出せる。
これに関しては良いこと…
ただ、審判の立場は…

リクエストがあまりに多いと…
観ているほうは微妙な感じになる…
成功、失敗に関係なく、回数を決めてほしい

★申告敬遠
これは昨シーズンより導入されたルール。
投手が投球せずに申告により、四球となること。

投手の投球数が減ること。
時間の短縮。

こういった面を考えると選手にとって良いことかな。
ただ、観ているほうは微妙な感じになる…

★コリジョンルール
本塁でのクロスプレーに関するルール。
プロ野球では、数年前から導入されました。

走者と捕手の衝突プレーがなくなる安全性。
それにより選手の怪我が減る。

これは導入されて良かったルール。
選手も観ているほうも安心出来る

③先に制度を変えるべき…

現役ドラフト」を導入するまえに…

入団時のドラフト会議制度を変えることが先だと…

★自分が入りたい球団に入れない。
★自分の所属先球団をクジで決められる(指名重複の場合
★FA権行使で移籍すると他選手にも影響(人的補償

選手は…
入団時に契約金をもらう。
1位指名選手であれば1億円なども…
この契約をしたうえで…
所属チームで出番がないから「現役ドラフト」で移籍。
これはおかしいかな。

契約金の返金とかいう問題も出てくるはず。
だから「現役ドラフト」よりも「ドラフト会議制度の変更

ひとつだけ理解出来るのは…
埋もれた才能ある選手が「他球団で開花する
これは多くみられる可能性はある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です