巨人が今オフ補強する残る1人は「元ホームラン王のスラッガー」

プロ野球ストーブリーグの話題も大きくなってますね。

契約更改では…
巨人「菅野」がプロ野球史上最高年俸タイに…(推定)

FA人的補償では…

巨人のかつてのエース「内海」が西武へ移籍することに…
これは本当に驚きでしたね!!

 

ストーブリーグで一番注目される球団。
もちろん巨人であります。
巨人は強くないといけない。

だから、何を言われようと…
大補強」をするんです。
今オフも積極的に選手獲得してますが…
最後に…
もう一人獲得するのでは…

①今オフ獲得した選手は…

FA獲得「
2年連続リーグMVPの走攻守揃った選手。
この補強はかなり大きい。
リーグ3連覇中のカープの戦力ダウンも間違いなし。
プレッシャに負けずに力を発揮出来るかが勝負。

FA獲得「炭谷
経験豊富な捕手。
捕手が多くなっている状況だけに獲得は…
人的補償でファンに与えた衝撃を考えるとマイナス。
あとは来季どういう活躍をするか…

日本球界復帰「岩隈
経験豊富なベテラン右腕が先発の一角となる。
安定した先発投手が少ないこともあり獲得は大きい。
コンディションさえ問題なければ大収穫。

復活をかける選手「中島
監督との縁があっての獲得となったはず。
全盛期(西武時代)と比べると力は落ちたが、
代打の切り札など勝負どころで使える選手である。

開幕しないと解からない助っ人「ビヤヌエバ
新外国人はオープン戦で活躍してもシーズンでどうなるか!?
これはオープン戦で相手チームが選手を研究するからだ。
打てるコース、打てないコースを判断するために…
巨人の新外国人は活躍できないケースが多い。
開幕するまで静かに見守るしかない。

巨人の補強を評価してみよう

スポンサーリンク



②残す一人は…

日本ハム退団が決まった「レアード」である。
陽気なタイプだけにチーム内が明るくなる可能性大。

東京にも美味しい「お寿司屋さん」あるでしょう。
北海道で海の幸を満喫しているはずだが…(笑)

2016年にはホームラン王のタイトルを獲得している。
日本球界での成績を下記に出してますが…
長打は打てるが、打率が低すぎる印象。
ここが悩むどころではある。

しかし…
日本球界での活躍が未知数の新外国人を獲得するよりも、
ある程度計算の出来る選手でもある。

現在の状況からして…
とりあえず獲得しておいても良いはず。

ビヤヌエバ」がどうなのかも解からない。
ゲレーロ」も今季のようだと使えない。
マシソン」が怪我から復活してくるか!?

そうなると外国人枠空きますからね。
1試合1本良い当たりを打ってくれる外国人。
そう割り切って獲得しても良いのでは…

他球団に獲得されると…
相手チームの戦力が上がりますよ。
使う、使わないはおいといて…
とりあえず獲得に動く可能性はありなんじゃ。

2015年
打率.231本塁打34打点97
2016年
打率.263本塁打39打点97
2017年
打率.229本塁打32打点90
2018年
打率.233本塁打26打点65

巨人の来季の投手起用法と先発オーダー予想

スポンサーリンク



③外国人枠に影響は…

1軍登録可能な外国人枠は「」である。

来季予想される1軍外国人選手は…
マシソン」…セットアッパーかクローザー期待。
ヤングマン」…ローテの一角を期待。
メルセデス」…ローテの一角を期待。
ゲレーロ」…本気でやってくれるか心配。
ビヤヌエバ」…開幕しないと解からない。

上記の5選手が候補となるが…

ここに「レアード」が加わると厚みが増す。
日本人投手で先発枠埋まると…
投手が「マシソン」のみで…
野手で3枠使うことが出来る。

そうなると「レアード」を起用出来る。
ポジションをサードにして…
岡本をライト起用という驚き攻撃型オーダーに!!

または…
ゲレーロ」の調子が今季のようだと…
ゲレーロ」を外して「レアード」を起用すればよい。

ここまで記事を書いてなんだが…
本当に獲得すれば、外国人枠で問題おこりそう(笑)



④巨人は強くないといけないので…

どんなに批判されようと…

補強」しないといけないのが巨人。
巨人は強くないといけないから…

Aクラス入りすればオッケーという球団ではない。
優勝出来なければ、監督が責任をとり辞任するし…

だから「補強」をして…
毎年優勝出来るチーム戦力が必要なんです。

それにより「若手の育成」が出来ない。
仕方のないことでもありますね。

数年前に育成出身選手が出てきたとき…
山口鉄也」「松本哲也

あのころの巨人が良かったんですがね…

巨人からトレード獲得するべき選手は…

巨人が「レアード」獲得したら笑う方は…
↓クリックしてね(笑)↓

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です