「菅野智之はシーズン25勝出来る」中4日登板だと巨人を優勝へ導くはず。

2019年プロ野球シーズン開幕まで残り2か月ちょい!!

今回の記事は
ちょっとやってみてほしいなって思っていること。

実現するのは難しいと思うが…

①日本球界のエースとなった…

プロ生活6年間で…
誰もが認める「日本球界のエースに…

契約更改で「年俸6億5000万円(推定)
2億円アップに批判もなければ…
6億5000万円に批判もなし…

巨人ファンだけでなく、プロ野球ファンが、
菅野」の実力を認めているため。

活躍する投手には…
落差の大きい変化球があったり、
剛速球があるのが特徴であるが、
菅野」に関しては、どちらも当てはまらない。

コントロールが抜群で多彩な種類の変化球。
打者のうらをかく投球技術が武器である。

2019年は、どんな投球を魅せてくれるのか!?

スポンサーリンク



②プロ入団後の成績は…

球界のエースとなった「菅野
プロ入り後の成績は下記のとおり…

2013年シーズン
13勝6敗 防御率3.12

2014年シーズン
12勝5敗 防御率2.33

2015年シーズン
10勝11敗 防御率1.91

2016年シーズン
9勝6敗 防御率2.01

2017年シーズン(沢村賞獲得)
17勝5敗 防御率1.59

2018年シーズン(沢村賞獲得)
15勝8敗 防御率2.14

★プロ通算成績★
76勝41敗 防御率2.17

数字でみても凄いが…
数字に出てない部分もある。

2016年シーズンは二桁勝利を逃したが…
これは打線の援護なし救援失敗があった。
シーズン防御率が2.01で二桁勝利出来ない。
あまりないようなことですからね。

ここ2年間に関しては…
沢村賞を2年連続で獲得しています。
昨シーズンは完封勝利が8試合
これは本当に凄すぎる。

そして、毎シーズン凄いのが…「防御率
勝利数は、打線の援護などで変わってくるが、
防御率に関しては、投手の結果

プロ6年間の通算防御率も「2.17
先発投手でこの数字はマジでヤバイぐらいに凄い。

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!


③シーズン25勝を達成するために…

今回の記事の本題になりますが…
菅野がシーズン25勝することが可能なのか!?

あえて20勝ではなく、25勝にしたのは…

当時楽天の田中将大が2013年シーズンに残した成績
24勝0敗1セーブ 防御率1.27
この24勝を上回ってほしいと思っているからです。

勝率を上回るのは、超高確率で不可能に近いので、
勝利数を上回ることに挑戦してみてほしい。

プロ野球界で定番となっている先発投手の中6日間隔
それにより「先発登板試合は25~28試合」ぐらい。
そうなると「25勝することは不可能」に近い。

2013年シーズンの田中将大の先発登板試合数は27試合。
2018年シーズンの菅野智之の先発登板試合数も27試合。

同じ試合数で「田中」の記録を超すのはかなり難しい。
あのシーズンは神がかりな試合も多くあったし…

そうなると…
登板試合数を増やすこと。
登板間隔を変えること。
中4日か中5日

コントロール抜群の「菅野」なので中4日はどうだろう。
毎試合6回終了時点で交代する。
球数もコントロール良いからそんなにいかないはず…
メジャーのように100球めどでも良いが…

この中4日登板だと…
先発登板試合数が「35~40試合」ぐらいになるはず。
そうすると「シーズン25勝」が実現しそうな気がする。

巨人には、先発候補は沢山いるが…
安定感があり、計算出来るよっていう投手が少ない。
それを踏まえて…
菅野」登板時の救援陣の起用法を決める。
救援投手経験がありロングリリーフが出来る投手。
山口」がベストな感じかな。

菅野」が6イニング投げ、残り3イニングを「山口
これが実現出来ると面白い気もするんですが…
投球回数は2018シーズンは202イニング投げてます。
仮に40試合で毎試合6イニング投げて240イニング

山口」を「菅野」登板日の専属救援投手にすることで、
先発枠に将来を見越して若手起用も出来る。

采配に魅力がある「原監督」となったため…
もしかしたら、こんなこともあるかもしれない。

菅野」は不可能を可能にする選手と感じる。
田中将大」が残した「伝説のシーズン無敗記録
これとは違う「伝説のシーズン記録
それを実現出来る力は必ずあると思う…

中4日登板だと…
負け数も増えるかもしれないが、
シーズン30勝」に近いぐらいの成績は残すのでは…

 

ジャイアンツは投手王国になるか…

スポンサーリンク



☆巨人選手の評価について☆
捕手編はこちらへ
内野手編はこちらへ
外野手編はこちらへ

④球界の宝は大切にしましょう…

本当に中4日登板すると…
菅野」の成績が凄いことになり、
巨人も5年ぶりのリーグ優勝を達成するかもしれない。

ただ…
登板間隔を短くすること。
登板回数を増やすこと。

これは選手にかかる疲労も変わってくる。

日本球界のエースである「菅野」に無理をさせ、
怪我でもすると困るので…

無理なことはさせないようにしてほしい。

でも少しみてみたい。
菅野が中4日、40試合登板で何勝出来るか!?

巨人ファンのかた
プロ野球ファンのかた

どうなると思いますか!?

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です