LINEスタンプ、絵文字の作成や審査基準は…

よくわからんぞ!!

審査に通らない「リジェクトの基準」をもっと明確にしてくれ~。
なんか厳しすぎるものがあるぞ~。

①作成はじめてみましたか!?

LINEスタンプ、絵文字を作って販売して、
お金を稼げたらラッキー」というような記事を…
何度か書いたことあります。

記事読んでくれたかた~!!
アプリ「アイビスペイント」をインストールして…
はじめてみたかたいるかな!?

はじめは馴れずに難しく感じるかもしれませんが…
やっていくうちに馴れます。

 

絵の上手い下手関係なくスタンプ、絵文字作成出来ます。
まだやってない方は、やってみてね。

暇つぶし」&「気分転換」にもなりますので!!

 

②LINEスタンプについて…

個人的な見解ですが…

これから作成を始めるという方は、
絵文字」よりも「スタンプ」からはじめるのが良いかと…

理由は…
作成後審査に出すとき、
申請方法がスタンプのほうが簡単()だから。

 

作成方法も「アイビスペイント」というアプリを使えば…
すぐに出来るようになると思います。

スタンプ作成サイズなどもLINEスタンプという設定」あり。
まぁ、本当にすぐに解かると思います。

ただ「販売して本気でお金を稼ぎたい」というかたであれば…
大量のLINEスタンプ」の中から、
自分の作ったスタンプが売れるかどうかは…
確率的には厳しい状況であることはお伝えしておきます。

 

暇つぶしであったり、気分転換
どうせ売れないよって感じではじめてみるほうが…
売れたときの喜び」はあると思います。

特定分野に絞ったスタンプを作成すると…
購入して戴ける可能性」は高いと思います。

私自身の経験からの見解です。

③LINE絵文字について…

スタンプ作成に馴れたかた…
やっぱり絵を作成するのが苦手…

そういうタイプの方は「絵文字」作成が良いかも。

作成方法はスタンプとほぼ一緒です。
こちらも「アイビスペイント」を使ってやると良いと思います。

サイズを「180×180」で作成すること。
この設定をする必要があります
まぁ、この設定も簡単ですので心配ありません。

そして…
ひとつだけ96×74」のサイズで作ることも必要。
スタンプと違ってやる作業は増えます。

審査方法もスマホ画面だと少し見づらい。
ちょっとストレスを感じる可能性もあるかも…
私の経験上、目が疲れる…

ただ審査申請してから販売開始までの流れが…
スタンプよりも早いというメリット(100%ではないが…

そして…
販売数がスタンプより少ない
これにより…
購入して戴ける可能性」がスタンプより高い。
そういうメリットはあると思います。

 

④審査基準について…

作ったスタンプや絵文字が全て販売可能。

そういうことはありません。
審査を通らないといけない。

この審査基準が「あやふや」な感じもする。
審査を担当した人によって変わる。

そう感じているのは私だけかな…

審査に通らなかった場合…
リジェクト」ということで修正のお願いをされます。

この基準が本当にハッキリと解かりやすいものだと助かる
でも…
それがハッキリとしない。

 

こんな経験した人もいるのでは…
リジェクト」されたものを…
修正して再審査に出すと…

違うところで「リジェクト」されてしまった。
これは「よく、あるある」だと思います。

似たスタンプが販売されていますって…
大量にある名前スタンプって名前が違うだけじゃんってね。
なんで、あれはオッケーなのか…

マジで解からないよ~。
審査基準を気にしているかた…

 

私がたどりついたのは…
審査はそのとき次第
そういうものだと思って作成を続けています。

まぁ、これは駄目だろうというもの…
審査ガイドライン」に明確に書いてあること。
これは守ることは当たり前ですが…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です