トマトを食べてスーパー猛暑

①スーパー猛暑とは

今年の夏は西日本を中心にスーパー猛暑になるといわれていますね。

スーパー猛暑とは、気温が37℃以上になることをいいます。

因みに参考までに…
☆猛暑日は、気温が35℃以上のことです。
☆真夏日は、気温が30℃~34℃のことです。
☆夏日は、気温が25℃~29℃のことです。

②トマトの効果

トマトの酸味や甘味は暑さで疲れた身体にとても良い影響をもたらしてくれます。

酸味は食欲増進や疲労回復に効果的。タンパク質の消化を助けてくれるので胃腸の調子を整えてくれます。

トマトといえば「リコピン」ですが、生活習慣病の予防効果があるといわれています。

貧血を予防してくれる鉄分が含まれていたり、疲労回復にかかせないクエン酸も豊富に含まれています。

③簡単なトマト料理を紹介

☆トマトジュース☆
料理といって良いのか解かりません(笑)トマトをいち早く身体にいれたい時は飲むのがいちばんです。
もちろん、そのまま「ガブッ」と食べるのが本当は一番早いんですが…料理になってないので(笑)

☆トマトソース☆
私のお勧めのトマトソース活用術を紹介します。
トマトソースを作っていれば色んな料理に活用できるんです。

まずは、簡単なトマトソースの作り方から…

★材料→トマト(缶詰のカットトマトやホールトマトでも良し)・ベーコン・たまねぎ★
★調味料→塩・塩コショウ・バター(マーガリン)・ケチャップ・コンソメのもと★

簡単なトマトソースなので、これだけで作れますよ。

①フライパンにバター(マーガリン)をひき、ベーコンとたまねぎを炒める。塩コショウで味付け。
②そこにトマトを投入。トマトによっては酸味が強すぎる場合があるので、ケチャップで味を調整。
③そして最後にコンソメのもとを投入(使わなくても良いですが、使えば旨みがでます)
④あとは弱火でことこと煮込んでください(火を止めて冷ますことにより旨みが上昇しますよ)

作り方はこれで終了です。簡単なんで料理が苦手な方も出来ますよね。

あとは、これを他の料理に活用すれば良いのです。

「例①オムライス」
トマトソースが出来てすぐに活用するのにおすすめです。

オムライスは作ってそのまま食べても美味しいですよね。ただ、ここにソースをかけてみましょう。
レストランで食べているようなオムライスにかわるかも…

出来上がってすぐはソースがさらさらなんで、ご飯を食べやすくしてくれます。(食べて夏バテ解消)

「例②パスタ」
パスタも出来てすぐに活用するのにおすすめです。
女性の方はとくにパスタが好きですよね。ちょっとおしゃれなお昼ご飯をどうですか?

パスタを湯がいて、トマトソースをかければ、あっさりトマトソースパスタの出来上がりです。

「例③チキン」
トマトソースが出来上がって2日目あたりになると少し濃厚な味にかわります。
鶏肉を焼いてトマトソースをかける、トマトソースチキンにしてはいかがですか?

夕食のメインディッシュとして、イタリアンっぽい感じのご飯を楽しむ事が出来ますよ。

④フルーツも効果あり

フルーツを食べることも、夏バテ予防に効果的と言われています。

体の熱を取ってくれる働きをしてくれ、減るばかりのビタミンCを補給します。
3つのフルーツの効果を紹介します。

☆スイカ☆
夏の定番フルーツですよね。水分が多いので体に潤いをもたらします。脱水症状の予防に効果的

☆キウイフルーツ☆
体内にこもった熱を排出する手助けをしてくれる効果があるといわれています。熱中症予防に効果的

☆マンゴー☆
胃の働きを良くしてくれますので、食欲増進効果があるといわれています。ご飯をもりもり食べて元気に

⑤まとめ

今年の夏はスーパー猛暑になるといわれて不安になる方も多くいると思います。
トマトやフルーツなどを効果的に食べて熱い夏を乗り越えましょう。
2か月近く頑張って乗りきれば、過ごしやすい秋になりますからね。