あれれ…電気代が安い!!

あつい、アツイ、暑さが戻ってきた!!
過ごしやすいのは2日間のみでした…(福岡ですが…

気温は30℃を超えてましたが…
もう35℃を下回ると少し涼しく感じてしまう状況に…
猛暑日はきついよ~

今回の記事は「電気代が安かった」ことについて…
あくまで「私個人の見解」で書きます。
専門家ではないので正確な情報は解かりません…



①電気代が安かった…

毎月末になると「電気使用量のお知らせ」がポストに入る。
30日間でどれだけ使ったか!!
そして、支払いがいくらかなのか!!
結構ドキドキするやつです。

今年は、みなさん知ってのとおり猛暑日続きの7月でしたよね。
もう7月初旬には、クーラーをガンガン使ってました。

よく、クーラーの設定温度を1℃下げるだけで…
毎月いくら安くなる…こんなに料金違うんだよ
このような記事をネットで見たことがありました。

もちろん、みなさん同じ考えだと思いますが…
電気代は安いほうが良いでしょう

そのため、設定温度に気を使っている方も多いはず。
しかし、今年の天気・気温であれば「クーラーの利用方法」も変わる。

昨年の同時期であれば「設定温度22℃」ぐらいだったはず…
今年の同時期は「設定温度19℃」にしてました。

電気代が高くなっても仕方ないという気持ちで設定していました。
熱中症などで病院にかかることになると余計にお金がかかるし…

このような感じでクーラーの利用をしていましたが…
昨年の同時期よりも料金が安かった。
なんでかな??
そう思ったので、自分なりに考えてみることに…



貯まったポイントがギフト券や現金に交換できる!

②もしかしたら、こういうこと??

テレビを観ていると…
最新の電化製品のほうが省エネで電気代が安くなる
クーラーは、電源を入れたり、消したりするほうが電気代がかかる
この2点がよく紹介されています。

ただ、私の自宅で使用しているクーラーは、結構昔のやつ。
もちろん利用する前にフィルター掃除などはしっかりしますが…
パワーが落ちている感を若干感じます(笑)
そのため「設定温度」を下げて利用していることも理由のひとつ。


☆なぜ、料金が安かったのか(勝手な見解)☆

設定温度」ではなく「どれだけクーラーが頑張ったか」かと…

例えば気温が「35℃以上」とします。
その状況で部屋のクーラー「設定温度27℃」にした場合…

27℃設定」にしても…
外の気温が高すぎるために部屋の中が冷えにくいのでは??
しかし、設定した依頼主のために「頑張るクーラー
外の気温に負けずに「27℃」を目指し続けます。

ここがポイントなのかも!!
27℃設定」の室温を保つために「クーラーが頑張りすぎる
そのため、余計に電気代がかかってしまうのではないかと…

私がやっているのは…
電源をいれて、まず「設定温度18℃」にします。
少し時間が経過すると、部屋の中が冷えてきます。
その後に「設定温度21℃」前後に設定します。
この方法が、もしかしたら「クーラーの頑張り」を抑えていて、
逆に電気代がかからないようになった要因かと…

たまたまかもしれませんが…
これが記事冒頭で書きましたように電気代が安かった「私の勝手な見解」です。

同じことをしてみて「電気代が超高くなった」ってならないように…
ためしてみる方は、専門の方や、電力会社などに確認してやってくださいね。
本当にたまたまかもしれないので…

 

Albiniaホワイト二ングクリーム

③テレビでやってる情報では…

日中外出していて、家にいない方の場合。
昼間の気温により、建物()自体の温度が上がっている。
昼間の暑い空気が室内に残っている。

そのため、クーラーを起動すると同時に…
10分間ぐらい窓をあけて、空気の入れ替えをする必要があると。
窓を開けずにクーラーを起動させるだけだと…
建物()の温度が室内に入ってくるので冷えるのに時間がかかると。

このようなことをテレビでやってましたよ。
熱中症・脱水症状などにならないように気をつけましょうね!!

急激な温度差での生活をすると「自律神経の乱れ」も出るようです。
設定温度」にも気をつけましょう。
設定温度21℃前後」の私が言うのも変ですが(笑)

☆自律神経の乱れについては…☆
こちらの記事で…自律神経の乱れによる体調不良など

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です