少々お待ちくださいませよりも…確認

①正しい対応なのか

お買い物や電話応対をされている(している)ときにこれは正しい対応なのかと思う言葉があります。

接客業や事務系のお仕事をしている方で「少々お待ちくださいませ」という言葉を使っている方は沢山いると思います。

接客業であれば、お客様からの質問や商品の在庫があるかを尋ねられたりした時に、確認作業をするために「少々お待ちくださいませ」の言葉を当たり前のように使いますよね。

事務系のお仕事などで電話応対などをしている際も、電話の取次ぎやお客様のデータなどを確認するケースの場合は「少々お待ちくださいませ」を使っていると思います。

この「少々お待ちくださいませ」は正しい対応なのかと思うときがありませんか??

まず、「少々」とはどれくらいの時間をさすものなのか??

電話の際に「少々お待ちくださいませ」と言われて、受話器を持ったまま「数分間」待機した経験ありませんか??

1分ぐらいであれば「少々だ」と思うかもしれませんが、3分待たされたら「少々ではないよね」って思ってしまいます。しかし、相手にそれをいうことはなかなか出来ませんよね。

なんか、短気でクレーマーみたいな方だと思われたくもないですから…

ただ、この待たされる時間によってトラブルが発生する事もありますよね。
そこで、私自身が接客業や事務系のお仕事をしている時にやっていた対応方法を下記にてご紹介…

これが正しい対応なのかは解かりません(お客様が良い対応だったかは決めることなので)
でも、時間がかかっても嫌な感じで帰られた事はないです!!

②私が使っていた言葉

事務系のお仕事をしていて電話に出た際に「○○さん、いらっしゃいますでしょうか??
」と言われた際の対応は「はい、確認させていただきますので、お時間頂いてよろしいでしょうか?」で対応していました。

私個人の考えとして「少々お待ちくださいませ」という言葉は「相手の求める○○さんにすぐにお繋ぎしますので待っててくださいね」という、お繋ぎが可能前提でのみ使って良い言葉なのかなという考えなんです。

少々お待ちくださいませ」で相手を待たせて、お繋ぎ出来なかった場合のリスクが高いと判断です…

私の使っていた「確認させていただきますので、お時間頂いてよろしいでしょうか?」であれば「確認するために時間が必要です」を電話してきたお客様へまず伝えています。

各自それぞれで「少々」の時間は違うため、絶対に使わないようにしていました。
(たとえ1分であったとしても、急ぎの方であれば1分は少々ではないかもしれませんからね)

確認させていただきます」という言葉が結構相手に対しての信頼度が高いかもしれません。

待ってる間も、あっ、確認してくれているんだなぁっ」って思ってもらえてたかも…
これはあくまで私がやっていた対応です。これが正しいのかは解かりません。

ただ「対応悪いですよ」「どれだけ待たせているの」などと電話相手に言われた経験は一度もなかったです。

③まとめ

あくまで私自身の考えでの記事です。

敬語であったり尊敬語・謙譲語などは、その専門分野の方が詳しいでしょう。

しかし、マニュアルがすべてではないですからね…
事務関係や接客関係の仕事をしたことでの経験をお知らせしてみました。

本当にどういう対応がベストなのかは誰も解かりませんよね…
人の心はそれぞれなので、捉え方・感じ方も違います。

ただ、誰もが気持ちの良い生活を送るためには、相手に対する「思いやり」をもった対応をしていく事が大切だと思います。少しでもストレスのない生活をしていきたいですよね。