プロ野球…今シーズン勝負の選手たち「第1弾」

2018年プロ野球ペナントレースは交流戦が終わろうとしています。
交流戦前のリーグ順位から大きく順位変動することはなかった…
両リーグともに首位チームも変わりませんでしたね!!

さて、今回の記事は「今シーズン勝負の選手たち」をご紹介。
もちろん私が独断で書くんですがね(笑)
当記事を開いてしまった方は、暇つぶしにお読みくださいませ。

①平成の怪物「松坂大輔」(中日ドラゴンズ

平成の怪物」が「新しいタイプの怪物」として復活を果たしつつあります。
日本球界復帰後の3年間は怪我により悔しいシーズンを過ごしました。

ソフトバンク退団が決まった昨シーズンオフには、正直「松坂」は終わった、引退だねって思った方が多くいたと思います。
私自身ももう限界かなって思ってました。

中日の入団テストに合格して勝負の1年がスタート。
シーズン序盤であるが、こんなに早い段階から結果を残すとは…
球団にとっても嬉しい誤算だったのでは…
正直ここまでの活躍を期待しての獲得ではなかったはず…
このままシーズン終了まで頑張ってほしいです。

オールスターのファン投票も先発投手部門1位で選出が濃厚。
野球ファンも「松坂」の復活を喜んでいる証拠ですね。
6/17先発登板を試合直前に回避…何かアクシデントかな…

②ハンカチ王子「斎藤佑樹」(北海道日本ハムファイターズ

甲子園を沸かした「ハンカチ王子」プロ野球の世界では厳しかった。
高校時代・大学時代と順調な成績を残して「実力」「人気」「期待」を集めてのプロ野球界に入団することになりました。

活躍する・しない関係なくメディアから注目される状態に…
これが本人のプレッシャーとなってしまったのか…
年間を通して活躍したシーズンがないといっていいような成績。
完封経験などはあるため、全く活躍していないとは言えません…
しかし、メディアの報道と活躍がマッチしないため批判される。
少し可哀想な状況でもありました。

今では、注目されることも減ってきた。
そろそろ戦力外という可能性も高くなってきています。
かつて野球界を沸かした選手の一人でありますので、ここからの活躍を期待したいという思いはあります。

チームが変わればコーチも変わる。
心機一転で化ける可能性はあるかもしれない…そう思いたい。



貯まったポイントがギフト券や現金に交換できる!

③鷹の旧エース「攝津正」(福岡ソフトバンクホークス

ホークスの旧エースも今シーズンが勝負のシーズンだと…
ルーキーイヤーから大車輪で活躍してきた「攝津
中継ぎの絶対的エースで地位を確立しました。
チーム事情などにより先発に転向したが、先発でも結果を出す
何をやっても良しの状態でした

しかし、ここ数年は年齢的な影響もあるのか能力ダウン中…
制球力の良い投手だが、逆にそれが不調の原因の可能性もあり…
コントロールの良い投手は、球にキレがあるうちは投手有利。
ただ、キレがなくなると打者有利になるのでは??
悪球が来ないと思って踏み込んだスイングをしやすい。
そうなると甘い球を長打されやすくなります。

今シーズン先発して「涙の復活勝利」を上げることもありましたが、入団当初にもどって中継ぎ投手としてやったほうが良いと個人的には思ってます。
1イニングであれば、制球力を活かした投球がまだ活きるのでは…



【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料

④巨人の18番「杉内俊哉」(読売ジャイアンツ

球界を代表する左腕が怪我により1軍出場から遠ざかっています。
松坂世代」で今後も一番活躍が期待されていた選手であることは間違いないですし、名球会入りの条件となる「200勝」も達成出来そうなペースでした。
しかし、怪我により1軍登板が数年間出来ない状況…
今シーズン後半戦に復帰出来ることが出来るか??
巨人の中継ぎエースとして長く活躍してきた「山口鉄也」が登板多数によって2年ほど前から力を落としてしまった。
今シーズンも1軍登板数はなし。
そこで「杉内」を左の中継ぎとして起用することはどうなのか??
巨人の救援陣には右腕は揃っているが、左腕はいない。
怪我前と同じような制球力が「杉内」にあるとすれば中継ぎも十分に出来るはず。
巨人のエースナンバー18番を背負う投手だけに「復活」を期待したい。



WOWOW_新規申込

⑤「第2弾」は下記選手をご紹介予定

若き虎のエース藤浪晋太郎」(阪神タイガース
ドラフト1番人気大石達也」(埼玉西武ライオンズ
鯉のプリンス堂林翔太」(広島東洋カープ
伸び悩んだ左腕藤岡貴裕」(千葉ロッテマリーンズ

私の個人的な意見や感想で記事を書いています。
共感を持って戴ける方はいるかな??
厳しい意見を書くこともありますが…ファンの方許してね。
活躍してほしいから記事にしています。
どうでもいい選手であれば、記事にしませんからね…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です