プロ野球後半戦が始まるよ♪

サッカー・ワールドカップで世界中が盛り上がった1ヶ月…
日本代表の躍進により、日本国内の盛り上がりも「半端ねぇって…笑
決勝は「フランス」VS「クロアチア」です。
私が「ワールドカップ予想」でダークホースとしていたチームが…
本当に優勝してしまうんでしょうか…??

さぁ、プロ野球は後半戦が7/16からスタートします。
両リーグとも大接戦状態であります(セリーグはある意味…
前半戦終了時の状況と後半戦の展望を予想します!!

①セリーグの状況…

リーグ3連覇へ「広島」待ったなし…
圧倒的な強さを魅せつけての独走というわけではありませんが…
このまま問題なくリーグ優勝しそうな状況です。

3年前までは「広島」が上位にいると珍現象という感じでしたが…
ここ2年間は上位にいるのが当たり前という感じに変わりましたね。
カープ女子」という言葉が流行りましたが、今となってはそれも普通に。
普通の状況になっていることは「広島」が強いと認められた証ですね。

Aクラス争いが大混戦…
巨人」「阪神」「DeNA」「中日」「ヤクルト」で混戦模様の前半戦。
この5チームは、前半戦の勝率が5割以下という状況。
2位でさえ5割以下の勝率…(かなり深刻な問題です…

巨人」は、先発不足&救援陣に不安が出てきたことが低迷の原因…
阪神」は、近年積極的に起用してきた若手がまだまだ伸びてこない…
DeNA」は、自慢の若手先発左腕組が揃って不調…
中日」は、戦力的に厳しいし、チームが勢いにのるような起爆剤がない…
ヤクルト」は、交流戦で巻き返したが、その勢いはどこにいった…

オープン戦とキャンプの状況・結果で予想はするもんじゃないですね(笑)
開幕前に書いた記事→「プロ野球2018年セリーグ予想



②セリーグの後半戦は…

上記に書きました通り「広島」がこのままリーグ3連覇へ…
セリーグに関しては「1強」という感じなので優勝争いに面白さはない。
広島」がどれだけ早く優勝を決めるのかという昨年同様の展開を予想
優勝後の…クライマックスシリーズが一番の問題かな…

熾烈なAクラス争いから抜け出す2チームを予想…
DeNA」がその一角と予想。
野手陣に問題は特別なし…というより打線は強力です。
先発左腕組が復調してくると残る4チームを引き離すはず…
守護神もしっかりとしているので後半戦は期待出来るのでは…

巨人」が3位に入ってくるかな…
規定投球回数を超えているのが「菅野」「山口俊」の2名のみ…
田口」「野上」の不調が前半戦の誤算だったはず…
しかし、後半戦には復活してくると予想。
ここに「ヤングマン」「メルセデス」といった新戦力もいる。
救援陣に不安があるが、何とか3位にはいけそうな予感。
打線は、昨年より良い状況だと思う。
ゲレーロ」は、どうなるか解からないが…

☆野球のルールを知れば、より楽しめるかも☆
プロ野球を楽しく観戦するために第1弾

プロ野球を楽しく観戦するために第2弾

③パリーグの状況…

開幕から「西武」が逃げ続ける展開…
前半戦は、強力打線が他チーム投手陣を打ち崩しました。
首位キープを続けていますが、不安はあるのでは…
チーム防御率が悪すぎるのが気がかりです。
他チームの投手陣の調子が上がってくれば厳しい後半戦の可能性も…

日本ハム」は首位に迫るが捉えることは出来ない…
チームの顔であった「大谷翔平」が大リーグに移籍して戦力ダウン。
今シーズンは厳しいかなと予想していましたが…
選手の育成が良いチームだけに、新戦力が出てきて穴を埋める。
戦力ダウンを感じさせない戦い方を展開した前半戦。

Aクラス争いも熾烈…
ソフトバンク」「オリックス」「ロッテ
上位5チームが勝率5割を超えるパリーグ。
5位のチームがセリーグ2位チームより成績が良いという状態。
レベルの高いAクラス争い…そして首位を狙える状態。

ここに「ソフトバンク」がいるのが予想外だったはず…
これが、今シーズンパリーグが大混戦になっている一つの要素だと。
主力の怪我人続出によりチーム状況が上がってこない前半戦でした。

楽天」のみが負け越して厳しい前半戦となりました。
球界を代表する右腕「則本」「」で後半戦の挽回を期待したい。
大型連勝すればAクラス入りのチャンスも出てくるはず…

野球は開幕してからが本当の勝負ですね…
開幕前に書いた記事→「プロ野球2018年パリーグ予想

④パリーグの後半戦は…

上位5チームが優勝を狙える大混戦となってきそう…

鍵を握るのは「ソフトバンク」のチーム状況だと。
前半戦は、主力選手の怪我人続出でチーム状態が上がらず…
後半戦にどれくらいの戦力が揃った状態で戦うことが出来るか。
ソフトバンク」のチーム状態が上がればリーグ優勝の本命に…

西武」に関しては、好調打線が後半戦続くのか心配なところ…
投手力に不安があるだけに、打線が下降気味になると一気に急降下も。
打線の好調が続くことを条件に2位はキープ出来るかと。

日本ハム」「オリックス」「ロッテ」でAクラス最後の1つを争う…
混戦となった時に大事になってくる試合があるはずです。
その試合を任せることの出来る絶対的なエース投手が必要
そうなると「オリックス」が本命となります。
今シーズンの調子はイマイチですが「金子」が奮起すればAクラス入り…
ロッテ」も「石川」「涌井」といますが…

楽天」も最後まで諦めずに頑張ってほしいです。

 

☆後半戦もこの選手に注目しよう☆
今シーズン勝負をかける選手たち第1弾

今シーズン勝負をかける選手たち第2弾

 

WOWOW_新規申込


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です