プロ野球チームを作ろう!?

今度こそ、プロ野球界に変化が起きるのか??

某有名社長のひとことで、プロ野球の球団数増加の話題に…
そろそろ何かしら大きな改革があっても良さそうですよね。

本日7月27日「巨人」VS「中日」において…
山口俊」がノーヒットノーランを達成しました。
昨年いろいろありましたが、快挙達成おめでとうございます。

☆巨人戦は「Hulu」でお楽しみ出来ますよ☆

①現在のプロ野球界について…

現在は、セリーグ・パリーグともに6球団ずつの12球団
歴史ある野球界のため、大きな変更をすることはなし…
何かしらの声を上げることも、出来る状況になさそう。
球団経営の事情により売却(買収)のみ、ぎりぎりオッケー
このような感じが現在のプロ野球界ですかね…
もちろん、私の勝手な見解です

交流戦やクライマックスシリーズが導入され少し改革…
リプレイ検証が数年前から導入され…
そして、今季からリクエスト制度、申告敬遠が導入されました。

これは、本当に必要なものなのか??
とくにクライマックスシリーズは何回もいってますが…
絶対に必要なし
本当に必要な改革をファンのためにしたほうが良いのでは…
野球よりサッカーが人気になったのは、改革が次々とあるからかも!!

サッカーJリーグ」は10チームで始まりましたが…
いまでは「J1」だけでも「18チーム
J2」「J3」などを入れるとかなりのチーム数となりました。
このように、数十年間のあいだで大きな変化が起きました。

その結果…世界的有名選手が日本のチームに来ることも実現
今年でいえば「イニエスタ」「フェルナンド・トーレス
これで「Jリーグ」は盛り上がる。
好循環となってます。

だからこそ…
野球界にも大きな改革が必要なときなのでは…

②プロ野球の球団数が増えると…

一番単純なことですが…
球団数が増えると野球選手が増えます。
野球選手になることが夢」という人の夢が実現しやすくなる。
これは嬉しいことですよね。
自分の住んでいる地域で…プロ野球観戦が出来るチャンスが増える。
ファンにとって嬉しいことだと思います。

新しい球団が増えることにより野球人気が復活するかも…
球団数増加という大きな改革をしても良いと思っていますが…

かんたんに出来ないよ」って意見もあり…
新球団が入ると戦力が既存チームより劣る。
そのためチーム力に差が出すぎてしまう…
そういった意見があります。

楽天」が新規参入されたとき…
オリックス」&「近鉄」で選手分配がありました。
1年目は負けすぎた結果となりましたが、数年後に日本一も達成
今シーズンは最下位に沈んでいるチーム状況ですが…
新規参入後に他球団と戦力差を埋めるのに時間はかかっていない。

だからこそ、球団数が増えても良いのでは…
ただ、既存12球団に対してエクスパンションドラフト」というものをやると困る人も出てきます。

☆エクスパンションドラフトとは☆
新規参入チームにおける戦力確保のために行う選手の分配システム。
既存チーム所属選手を数名、新規参入チームが獲得するというものです。

いきなりチーム移籍となると、困る選手もいますからね…
家族のこともあるでしょうし…

だったらこういうのはどうだろう…
新規参入球団は、資金力のあるオーナー(経営者
ドラフトで選手の大量獲得。
そして、シーズンオフに戦力外や自由契約となった選手を獲得。
外国人枠の撤廃数年間・既存チームより増大)をすれば面白い。
資金力があるのでバリバリのメジャー選手が入団する可能性も…

新人選手&戦力外選手&助っ人外国人によるチーム。
これはこれで面白いのでは…

③リーグはどうするか…

球団数を増やすことになれば、2球団単位で増やすことになるはず…
球団数が奇数になると試合のないチームが出てくるし日程調整が難しい。

14球団16球団1リーグ制でやると試合数的に厳しい。

☆1リーグ制にした場合☆
各チーム13球団12試合やった場合(シーズン156試合
各チーム13球団9試合やった場合(シーズン117試合
各チーム15球団12試合やった場合(シーズン180試合
各チーム15球団9試合やった場合(シーズン135試合

上記のようになるので「または」のどちらかになる。
」だとシーズン新記録が出やすくなる。
歴史ある野球界において…
次々と記録が塗りかえられることを嬉しく思わない人もいるはず…
そうなると…「」になります!!
試合数が減ることは、ファンにとってはどうだろうか??

☆8球団の2リーグ制の場合☆
4球団参入でないと2リーグ制は難しい。
1リーグ7球団となると試合しないチームが出てくる。

各チーム7球団18試合した場合(126試合
各チームが他リーグ8球団2試合した場合(16試合
これをあわせると(シーズン142試合
これは、現在の試合数と1試合しか変わらない状態になります。
結構良いかもしれない。

上記の2パターンを考えると…
16球団で「2リーグ制」のプロ野球へと…

 

④野球に関する記事はこちらで確認…

プロ野球今シーズン勝負の選手たち第1弾
プロ野球今シーズン勝負の選手たち第2弾

甲子園を沸かした優勝投手の現在

セリーグ予想順位
パリーグ予想順位

プロ野球を楽しく観戦するために第1弾
プロ野球を楽しく観戦するために第2弾



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です