プロ野球開幕直前・パリーグ編

プロ野球が2018年ペナントレース開幕直前

①Aクラスチーム勢

今シーズンも優勝候補筆頭にあげられるのは「ソフトバンクホークス」です。
選手層も厚く、余程のことがない限り、Aクラスを逃すことはないでしょう。

オープン戦の成績に関しては、気にしなくて良いでしょう。
投手・野手ともに選手層が厚いため、多少のアクシデントがあっても大丈夫。

先発左腕が不足している事ぐらいが、唯一の問題でしょうかね…
ベテラン「和田」以外で、ローテーションに入りそうな左腕がいない。
ここ数年はここが課題ではありますが、右腕だけでも勝負出来る。

野手に関しては、誰がかけると痛いのか…
捕手の「甲斐」ぐらいですかね…内野・外野は選手層厚いですし…

シーズン100勝を目指した戦いをしてくるのではないでしょうか。

昨シーズン2位と健闘した「西武ライオンズ

先発層の厚みが増すと、今シーズンも楽しみなチーム状態となります。
FAによりローテーションの一角だった「野上」が退団。
しかし、人的補償で「高木勇」が加入。戦力的に変化はないはず…
若手の「高橋光」が二桁勝利出来るぐらい活躍してくれると面白い。
昨シーズン本格的に開花した「菊地」が今年はどうなるか??

野手に関しては、打線の破壊力は両リーグトップクラスだと…
出塁率の高い選手」「足の速い選手」「長打の打てる選手」とバラエティ豊富に揃っているため、打線に関しては心配はないと思われます。

昨シーズン後半に低迷してしまった「東北楽天イーグルス

前半戦の勢いがうそのようになくなってしまったシーズン後半戦。
Wエース「則本」「」の二人頼みではなく、先発陣に力が欲しい。
辛島」「塩見」といった左腕の活躍があれば、今シーズンも上位に…

野手に関しては、昨シーズン同様に、攻撃的な打線を組んできそうです。
茂木」の怪我離脱からチームの低迷が始まった感がある昨シーズン。
一人の主力選手が欠けることにより、チーム状況が一気に変わってしまう。

選手層の底上げが上手くいけば、今シーズンも上位進出チャンスがありそうです。

②Bクラスチーム勢

毎年のように上位予想がされながらBクラスが続く「オリックスバッファローズ

シーズンオフにFAで「増井」を獲得しました。
これで海外FAで抜けた守護神「平野」の穴は埋めることが出来ます。
投手に関しては、エース「金子」と「西」に続く選手が欲しい。

外国人選手や新人選手で、少しでも先発不足を解消したいところでしょう。

野手に関しては、主力選手が揃えば、ある程度の得点力はあるのでは…
吉田正」などは、怪我なく出場出来れば、ある程度の成績は残すかと…
中島」や「小谷野」などのベテラン勢に加えて、外国人選手の活躍があれば…

Aクラスも十分あり得るチームだと思います。

毎年のように話題を集める「日本ハムファイターズ」はどうだ…
チームの看板選手だった「大谷翔平」が大リーグへ移籍しました。
新たな看板選手となるべく「清宮」が日本ハムに入団しました。

オリンピックイヤーであったため、キャンプ自体のニュースも少なかったですが「清宮」旋風というキャンプにはならなった。
オープン戦でも結果は出せず…体調不良により開幕は2軍スタート。

しかし、育成がしっかりと充実している日本ハムなので、無理をして開幕から1軍でいくより、2軍で結果を出して、自信をつけて1軍デビュー。

こちらのほうが、良いかもしれませんね。
左投手の外角変化球」に対応出来ないと正直厳しいと思うので…

さて、チーム状況になりますが…

野手に関しては、昨シーズンと比べて変化はないかな…
中田翔」が昨シーズン不振であったため、今シーズンの復活が期待されます。

投手に関しても、昨シーズンと比べて変化はほぼなし。「増井」がFA移籍で抜けたぐらい。
先発陣の薄さが心配なチーム状況であるため、なりふり構わないトレードが売りの日本ハムらしく、あっと驚くトレードがシーズン中にあるかも…

阪神・藤浪」⇔「日本ハム・中田」のトレード予想をしておきます。

先発の薄さを解消出来なければ、今シーズンも厳しいかと思います。

昨シーズン最下位となった「ロッテマリーンズ

監督も代わり、チームも変化するかに注目が集まります。
投手に関しては、海外FA実現しなかった「涌井」が残留。
これは、本人は残念かもしれませんが、チームとしては嬉しい残留。
昨シーズン不振だった「石川」の復活も上位進出の絶対条件です。
若手の「佐々木」や伸び悩んでいる「藤岡」などの飛躍も欲しいところです。

野手に関しては、長打力の打てる選手が欲しい。
シーズンオフに巨人を退団した「村田」を何故獲得しなかったのか…
守備力もあるし、ある程度の成績を残せる選手であるのに…

シーズン途中に獲得に動く可能性が一番あるのはロッテだと思います。

俊足選手が多いチームであるため、起動力を活かした野球をするのか。
それはそれで、面白いんですが…

さて、上位進出を果たすシーズンとなるか…

③今シーズンの順位予想

優勝「ソフトバンク」 2位「楽天」 位「オリックス」
4位「西武」 5位「日本ハム」 6位「ロッテ」

優勝予想は、大本命の「ソフトバンク」です。
オープン戦での結果は全く気にしていないでしょう。

戦力的にも他チームより抜き出ているため、優勝は間違いなしかと…

楽天」&「オリックス」は先発投手の安定があればAクラスだと…
西武」に関しては、打線が良いが投手層が薄いかと…
日本ハム」&「ロッテ」は、正直厳しいシーズンになると予想

U-NEXT

④こちらの記事もよければどうぞ

2018年セリーグ順位予想

プロ野球を楽しく観戦するために第1弾

プロ野球を楽しく観戦するために第2弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です