プロ野球交流戦の注目は…

2018年プロ野球ペナントレースは、来週より交流戦に入ります。
交流戦によってリーグ順位が大きく変動することもあります。
今年もパリーグ勢が強さを魅せる交流戦となるのでしょうか??

①セリーグの現在について

リーグ3連覇を狙う「広島」が首位キープで交流戦へ入ります。
交流戦で大きく負け越すなどしなければ、リーグ3連覇の可能性は非常に高くなると予想されます。
広島」が圧倒的に抜けて強いというわけではありませんが「阪神」「DeNA」「巨人」の3チームが競り合っているため「広島」が抜けやすい。

今シーズン楽しみにしていた「DeNA」が交流戦からどうなるか??
自慢の「若手先発左腕」が揃って不調という状況での現在のチーム成績。
この左腕たちが揃って復活してくると「広島」にとっては脅威となる。

巨人」に関しては、独走するかと予想していたが厳しいかと…
若手の活躍が嬉しい状況となっていますが、投手陣の安定感に陰りが。
エース「菅野」以外に安定感ある先発投手がいない状況になってきている。



阪神」は、打線に勢いがない状態ですね。
期待されていた新外国人の活躍もイマイチといったところでしょうか…
野手陣も、起爆剤となるような選手の出現が今のところなし…

中日」は新外国人があたりでしたね。
というか、外国人の獲得が上手い球団ですね。
松坂」効果で久しぶりに「中日」にも明るいニュースが入ってます。

ヤクルト」は、今年も厳しい状態となってます。
山田」が復調していますが、あまりニュースにも出てこない…
古巣復帰の「青木」もニュースに出てこない…
それくらい注目もされていない状態になっています。
投手陣の頑張りがほしいところですね。

②パリーグの現在について

打線の勢いが止まらない「西武」が首位をキープで交流戦へ…
強力打線をセリーグ投手陣が「どう抑えるか」「抑えられるのか??
エース「菊地」が抜けているのが気になります。
交流戦でチーム状況が変わる可能性も十分ありです…

日本ハム」が予想外の好成績を残しています。
先発投手不足と思っていましたが…
新外国人と復活組が頑張っている状態
この状況をどこまでキープしていけるかが今後の成績に繋がるでしょう。

ソフトバンク」の現在成績はどう評価したら良いものか…
開幕後から主力選手の怪我が続出してしまった。
守護神「サファテ」セットアッパー「岩嵜」は今後も不在…
どこまで耐えて凌いでいけるか??
打線は、主力が抜けてもある程度の成績は残せるチーム状況。
バンデンハーク」を今シーズン守護神として起用はどうだろう…

オリックス」は、まだまだAクラスを狙える状況。
シーズン序盤で崩れてそのまま下位に沈む状況まではいかなかった。
ルーキー「田嶋」の能力の高さが早くも解かった。
二桁勝利は間違いなく、新人王の最有力候補だと断言しておきます。
エース「金子」がどこまで巻き返してくるかでチームのAクラス入りも可能…

ロッテ」もまだまだAクラスが狙える状態です。
昨シーズン不振だった「石川」の復活が大きいですね。
大きく目立っている選手はいませんが、成績的にも嬉しいシーズン序盤かもしれませんね。

楽天」がここまで負けこむのは予想外です…
交流戦をきっかけにチーム成績が上がってくることを期待したい。
則本」「」とWエースがいますので、まだまだ挽回出来るはず…
ただ、昨年ほどの打線の破壊力がないのが気がかりです。

 

③交流戦の注目なのは…

毎年のようにパリーグの強さが結果に出る交流戦…
セリーグが今年こそは勝ち越すことが出来るのか??

さて、注目したい選手を数名あげたいと思います。

菅野(巨人
強力なパリーグ打者をどう抑えるか。
今シーズンも安定感ある日本のエースに注目したい。

松坂(中日
見事に復活を果たしたかつての怪物に注目したい。
古巣ソフトバンク戦で投げてほしいものです。

岡本(巨人
今シーズン開花した巨人の若き大砲。
パリーグの投手にどのような対応が出来るか注目したい。

坂口(ヤクルト
かつての輝きを取り戻してきた今シーズン。
古巣オリックスとの対戦にも注目したい。

多和田(西武
今シーズンブレーク中の先発右腕。
交流戦でも調子の良さを続ける快投が出来るか注目したい。

田嶋(オリックス
期待のルーキー左腕。能力もかなり高い。
セリーグ打者陣が対応出来るか注目したい。

柳田(ソフトバンク
調子に乗りまくっている怪物に注目したい。
シーズン4割に向けて交流戦でも大暴れに期待。

秋山(西武
安打製造機がセリーグ投手を攻略するかに注目したい。
こちらもシーズン4割を狙えるようなシーズン序盤の成績。

④優勝予想…

交流戦の優勝予想は…ずばり「楽天」です。
現在はリーグ最下位に沈んでいる状況ですが…
サッカー「ヴィッセル神戸」に「イニエスタ」も入団しますし、野球のほうも「楽天」が元気になってくれるという期待を込めます。

戦力的にも優勝する力はあると思いますからね。
打線の奮起は絶対的に必要となってきますが、投手陣は大丈夫かと…
先発は「則本」「」「辛島」と計算出来ます。
中継ぎ・抑えがしっかりすれば、交流戦をきっかけにリーグ順位をあげるチャンスが出てくると思います。
昨日のソフトバンク戦で負けはしましたが、エース「則本」の球数120を超えての156キロにはビックリでした。
エースの気持ちのこもった力投がチーム成績上昇へといくのでは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です