プロ野球交流戦優勝は…セリーグ強い??

2018年プロ野球交流戦は、残すカード1つのみ。
5カード終了時点での首位は「ヤクルト
交流戦前までは、リーグ最下位だった気が…
交流戦でリーグ首位から転落するケースは何度も見てきたが…
リーグ最下位だったチームが交流戦優勝すると初かもしれません…
もう「ヤクルト」の優勝で決まりかな!!

①2018年交流戦のここまで…

毎年のようにパリーグが圧倒する交流戦ですが…
今シーズンの6カード目初戦を終えた時点での成績は…
セリーグ42勝」「パリーグ48勝」であります。
僅かではあるが、今年もパリーグ優勢となっています。
セリーグで貯金を作れたのはヤクルト」のみ。
パリーグで負け越しているのは「楽天」のみ。
やっぱり強いパリーグ」という印象が今年も残りそうです。

②セリーグの状況に変化は…

セリーグは「広島」がリーグ首位を独走中であります。
2位以下が5チームで混戦ということもあり「広島」はマイペースで大丈夫。
ヤクルト」が交流戦で好成績を残しておりますが、その前までに負け越しが多かったため「広島」をおびやかすようなゲーム差にもなっていない。
昨日終了時点にはなりますが、2位チームの勝率がパリーグ5位の「ロッテ」の勝率よりも低いという状態
2位のチームが5割をきっているなんて滅多にないはず…
珍現象はいつまで続くのか…

③パリーグの状況に変化は…

パリーグの状況に変化はほとんどない。
リーグ最下位の「楽天」が交流戦でも調子を上げることが出来ずに差が開いたぐらいでしょうか??
リーグ首位の「西武」は、交流戦でも調子を落とすことはなかった。
ソフトバンク」が交流戦6連勝スタートをきったものの失速
お得意の交流戦で優勝してリーグ首位奪還という展開にはならず。
というより、いつのまにかリーグBクラスに転落している…
勝率5割以上なのにBクラスというパリーグの状況

④交流戦後のリーグ予想…

セリーグは混戦が続くと予想。
ヤクルト」が交流戦の勢いをキープ出来て「中日」が崩れるような事がなければ首位「広島」を除いた5チームで熾烈なAクラス争いが暫く続くかも…
阪神」は昨日「藤浪」が今シーズン初勝利をあげました。
約1年ぶりとなる1軍での白星です。
若き・虎のエースが復活となると後半戦が楽しくなるかも…
巨人」&「DeNA」に関しては、戦力的には十分戦える状態ですが、イマイチ本領発揮といった形にならない今シーズン。
両チームとも先発陣の安定が必要で、そこを改善することが出来れば、首位「広島」と良い勝負が出来る展開となるのでは…



【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料

パリーグに関しては「西武」がこのまま走る可能性が高くなってきた。
開幕前から予想していたとおり、打線の破壊力が抜群ですね。
そして「西武」が独走する可能性が高い理由の一つは…
ソフトバンク」の予想外の低迷が大きく影響…
怪我人続出でチームが勢いに乗れない状態が開幕から続いております。
戦力層は厚いですが、次から次へと主力選手が欠けるのは痛い。
好調「日本ハム」に健闘中の「オリックス」「ロッテ」もAクラスを狙って十分に戦えるシーズンとなっている展開。
パリーグは2~5位までが混戦となることも十分考えられます。
楽天」に関しては残念ながら交流戦でも挽回出来ず…
ヴィッセル神戸入団のイニエスタ」加入効果で野球も盛り上がるかと期待していましたが、厳しいシーズンとなりそうです…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です