プロ野球を楽しく観戦するために「第1弾」

少しでも多くの方が、楽しく観戦出来るように書いてみました。

①楽しく観戦するために

ここ数年前からプロ野球を観戦する女性が増えてきましたね。

広島にはカープ女子。神戸にはオリ姫。福岡には鷹ガール…など
自分の好きなチームや選手を応援するのは男女問わずに一緒だと思います。

ただ、男性ファンは選手の成績を把握して観てる方が多くいます。
それに比べて女性ファンは、ルールは多少解かってきたが成績(打率・防御率など)の意味がイマイチ解からないという方がいるのではないかと思います。

そこで、女性ファンの方がより楽しくプロ野球観戦するために選手の成績について紹介します。

②打者の成績

テレビ観戦していて打者がバッターボックスに入ると選手の成績が画面に表示されますね。

基本的には3点が表示されてます。①打率②本塁打③打点

②本塁打③打点に関しては、女性ファンの方も理解している方が多くいると思います。

①の打率に関しては、どうやって計算された数字なのかなって思っている方がいるのでは…??

ここで架空の選手・ジャビット」を使って3点について紹介します。
★選手名・ジャビット①打率300 ②本塁打10本 ③打点30★

②本塁打はホームランの数です。これ以上の説明は逆に難しい(笑)

③打点はジャビットが自チームにもたらした得点になります。(1打席における最多打点は4・満塁本塁打)

①打率は、簡単にいうとジャビットがヒットを打つ確率です。
もちろん数字が高い方が良いです。
計算方法は、安打数÷打数(打席数ではない)になります。

打数とは、犠打(送りバント)犠飛(犠牲フライ)四球(ファーボール)死球(デットボール)などを除いた数字になります(その他に妨害関係による出塁もあります。ただ説明難しいので省略)

ジャビットが今シーズン打席に120回立ったとします。
そのうちヒットが20回・ホームラン10回・四球が20回だとします。

ホームランはもちろんヒットですので打率を計算する場合→30÷100となります(計算すると0.300)
よってジャビットの打率300となります。
因みに打率300を超えた打者が好打者と呼ばれています。

③投手の成績

テレビ観戦していて投手がマウンドに上がった時に選手の成績が表示されますね。

基本的には4点が表示されています。①防御率②勝利数③負け数④セーブ数

②勝利数と③負け数は、詳しく説明はしなくても大丈夫だと思います。

④のセーブ数は、自チームが勝った場合に最後に投球した投手に与えられるものです(条件あり)

セーブがつく条件は、下記の④少し自慢できる知識にて紹介しますね。

ここでは、①防御率について紹介したいと思います。
簡単に説明しますと、その投手が9回まで投げた場合に相手に何点獲られるかを示す数字になります。
この数字が低いほど優秀な投手ということです。

計算方法は→(自責点×9×3)÷(投球回数×3)になります。
「例」ジャビットが先発して9回を投げきり自責点1で試合終了。
上記の計算をすると防御率1.00となります。

先発投手では防御率2点台、中継ぎ投手も2点台、抑え投手は1点台であれば素晴らしい数字です。

(注)自責点について詳しく説明するのは非常に難しいです。
野球経験者でも説明できない方がいるはず。
簡単に説明をすると「投手が責任を負うべき失点」であります。

④少し自慢できる知識

野球経験者でも説明できない方が多い、セーブがつく条件を紹介します。

大前提として、最後に投球した投手に適用されます。

①自チームが3点差以内のリードをしている状態で1イニング以上を抑えた場合。
②ランナーがいる状態で登板して、ホームラン2本打たれたら同点になるケースで抑えた場合。
③自チームが勝っている状況で登板して3イニング以上を投げた場合。

①の条件を知っている方は結構います。③の条件も野球に詳しい方なら知っている方がいます。

②の条件は知っている方が少ないと思います。(これを女性ファンが知ってたら凄いと思います)

⑤まとめ

簡単ではありますが、少しでも野球をより楽しめる情報になればと思い上記の紹介をしました。
もっと詳しい打者や投手の成績については、次回にでも紹介させて戴きます。

第2弾」も良ければ読んで下さいね!!